徹底比較! 「僕らは今のなかで」 ラブライブ! ハイレゾレビュー - 音楽の海に溺れたい
FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底比較! 「僕らは今のなかで」 ラブライブ! ハイレゾレビュー

僕らは今のなかで




皆さんこんにちは。Mです。
本日よりハイレゾ楽曲のレビューをさせて頂きたいと思います。
あくまで私個人の感想なので参考程度にお読み下さい。



さて、それでは今回レビュー致しますのはこちら。
「僕らは今のなかで」 by μ's (32bit/96kHz)
僕らは今のなかで

アニメ「ラブライブ!」より「僕らは今のなかで」です。
第二期OPテーマとして用いられ、ラブライブ楽曲の中でも一位二位を争う有名な楽曲となっております。
今回は私の所有する「μ's Best Album Best Live! collection II 」に収録されている同楽曲と比較しながらのレビューです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] μ’s/μ’s Best Album Best Live! collection II(通常盤)
価格:3013円(税込、送料別) (2017/7/5時点)



≪CD版≫
イントロはまずまずの走り出し。「あれ?別にハイレゾじゃなくても良いのでは?」
特に悪い印象も持たぬままボーカルパートに入りました。若干音が真ん中に寄り過ぎている気がしないでもありませんが、特別不快感を覚えるほどのものではありませんでした。
「正直記事にするほどの差ではないかもしれない…?」といった疑念が頭をよぎるも、気を取り直してハイレゾ版を聴いてみました。


≪ハイレゾ版≫
「うおお!何じゃこりゃ!?」
楽曲が始まり早速気づいたのはサウンドステージの広さです。CD版ではこじんまりとした空間に音がふわふわしている感じでしたが、ハイレゾ版では低音はしっかりと地に足をつけ、他の楽器も左右に広く場所を取ったかの様でした。

Aメロではμ'sの歌声がくっきりはっきり響きます。一人一人の声質が聞き分けられるほどの圧倒的な分離感。

サビに入ると一気に音圧が上がり私の体内を歌声が突き抜けていくような感覚に襲われました。

しかし良い点ばかりではなかった様です。
分離感の向上と引き換えに声の刺さりが感じられます。イヤホンの相性によっては長時間聴くのは厳しいかもしれません…。


≪まとめ≫
全体的にはクオリティの高い音源だと感じました。但し、人によってはアルバム版の方が好みかもしれません。
一曲当たりの価格はそこまで高くはないので、ご興味がある方はこちらから。

お読み頂きありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

audioanimedouzin

Author:audioanimedouzin
皆さんこんにちは。Mと申します。
オーディオやアニメ等が趣味の所謂オタクというやつです(笑)
何卒よろしくお願い致します!

広告

さあ、クリックしてみな…

月別アーカイブ

ご来場者様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。